初めてでもよく理解することができる!内科の種類に関する様々な疑問にお答えいたします!

このサイトでは内科の種類や専門性の高い診療科を選ぶ方法、その際に気を付けたいこと、またクリニックで受けられる検査の内容についてわかりやすく説明します。
体調が悪いけどどこを受診したら良いかわからない、最近胃の具合が悪くて消化器科を受診したいけど表示がない場合はどうしたらよいのかなど、初めて受診する人でも分かりやすいように、よくある様々な疑問や質問に理解しやすいように説明します。
実際に受診する際にきっと参考にできます。

初めてでもよく理解することができる!内科の種類に関する様々な疑問にお答えいたします!

医療分野は大きく分けると内科と外科に分かれますが、内科といっても対象とする臓器や器官で専門が分かれています。
その種類は多く消化器や循環器、血液と細分化されているので、総合病院を受診する際は自分がどこの具合が悪いのか理解して受診する必要があります。
また病院によって神経内科・一般内科という表示しかされていない場合は、胃腸の具合が悪い人は受診できないのかというと、そんなことはないです。
この表示は脳や脊髄、神経、筋肉に原因があることを考えられる以外は、一般内科を受診してくださいとの意味があることを理解します。

もはや風邪の治療だけではない!現代に見られる多種多様な内科の実態をご紹介します!

過去には風邪やよく知られているような病気にかかった人が内科を受診するというのが、最も一般的なケースとされてきました。
一方で、昨今医療技術の発達と研究の進歩によって特定できる病気が多種多様となったため、内科そのものの受信項目が増加しているのが実態です。
消化器科や泌尿器科、肛門科や胃腸科などの一般的なものから、脳神経科や精神科といった特殊な項目が追加されています。
特に昨今多くなっているのが精神科で、学校や会社を中心とした不安や悩みという精神的な圧力で、心身に不調を来す人が急増していることが背景にあります。
さらに医療技術の発達にともなって、呼吸器科や循環器科、血液科などといった項目もより細部にわたって分かれているのが実態と言えるでしょう。
昨今では漢方内科や老年診療科なども項目として加わっており、さらに多種多様なものとなっています。
これには患者の選択がより多岐に渡るメリットもあれば、どこへ受診したら良いか分からないというデメリットも発生しているのが現状です。

禁煙外来やメタボリックシンドローム外来など生活習慣病に特化した内科もある

内科では、様々な体の不調を診てもらうことができます。
最近はより、悩みに特化した治療を行う内科も増えています。
メタボリックシンドローム外来や、禁煙外来などもあるのでなかなか痩せられない人や努力をしても禁煙に成功できないなどの悩みがある人は相談してみてはいかがでしょうか。
禁煙外来では、健康的な方法で禁煙を成功させるための治療が行われています。
タバコがやめられない原因のひとつには、ニコチンに依存していることがあげられます。
ニコチンガムなどでタバコが切れたときのイライラする気持ちを紛らわせている人もいますが、少量とはいえニコチンを使っているので完全に断ち切るのは難しいともいわれています。
その点、医療機関の治療ではニコチンを使わずにニコチン切れのつらい症状を緩和する薬が用意されています。
最初のうちは、喫煙しながら進めていくことが出来るので、タバコを断つのが厳しいという人も無理なく始められるのではないしょうか。
治療は正しく続けることが大事ですので、医師の指導はきちんと守りましょう。

NMN点滴や幹細胞治療などアンチエイジングに特化した内科も現代は女性から人気がある

内科での施術は病気を治療するだけではありません。
年齢を感じさせない肌や体力低下を予防し、心身ともに若々しさをキープする効果が期待できる、アンチエイジングに特化した治療を行っている内科のクリニックも多いです。
人は年齢を重ねるごとに肌のシワやたるみ・シミといった肌老化や、体力の衰えに疲れがなかなか取れにくいといった症状を感じやすくなります。
いつまでも若々しさをキープしたいという時、内科でも行われているNMN点滴や幹細胞治療などアンチエイジングケアを得意とする治療が有効です。
NMN点滴はニコチンアミドモノヌクレオチドという成分を点滴で注入し、老化のスピードを抑えるという治療です。
幹細胞治療は血流を促進する作用や、細胞を修復する働きなどの効果が期待できます。
NMN点滴や幹細胞治療などの治療は体の中から、若返り効果を発揮するものです。
顔にメスを入れなくても若さを取り戻せるので、メスを使う美容整形に不安を感じる方にもおすすめです。

内分泌内科といってバセドウ病や橋本病に糖尿病に特化した専門性の高い内科もある

内科には、専門的な分野に特化した呼吸器・消化器内科などがありますが、実は主にホルモンの異常による疾患などを専門に扱った内分泌内科と呼ばれる診療科もあります。
ホルモンの異常から起こる疾患の中でも代表的なものがバセドウ病や橋本病などのような甲状腺の疾患になります。
甲状腺疾患というとなじみがないと感じられる方も多いですが、意外にも健康診断を受けて甲状腺の異常を指摘されるケースが良く見られます。
甲状腺の疾患は専門的な知識がないと見逃されやすいこともあり、耳鼻咽喉科などではなくより専門性の高い内分泌内科にかかられるのがお勧めです。
ほとんどのケースで甲状腺疾患は良性の甲状腺腫と診断されるケースが多いですが、中には悪いものである事も考えられるため細胞診など詳しい検査を行わなければなりません。
ホルモンが過剰すぎることで起こるバセドウ病や末端肥大症、ホルモン不足による甲状腺機能低下症や副腎不全、ホルモン値は正常なものの腫瘍がある甲状腺腫や下垂体腫瘍などがあります。
この他にも糖尿病に特化した診療や治療を行うケースも見られます。

出社困難症を抱えている方は心療内科へGO

近年では、病気ではないけれど会社に出社するのが難しい、会社の目の前に来ると吐き気を催したり、仕事の事を考えるだけでお腹の調子が悪くなどと言った症状を抱えている方がいらっしゃいます。
意欲が低下したり集中できなくなったり、不安感を覚えたりして動悸や呼吸困難、そして過敏性腸症候群といった症状が出てくるものを出社困難症と呼ばれています。
これらの原因は仕事に対するストレスや失敗、人間関係などによる不安感などによって起こると考えられてます。
こういった症状が出る方は基本的に真面目な方も多いので、何か問題があっても一人で抱え込む傾向になります。
このような症状が出ていたら黄信号です。
心療内科やメンタルクリニックなどに行って、是非心療内科医に相談をされてみると良いでしょう。
カウンセリングや適切な薬物療法などを使いながら、無理をせずに過ごすことが大切です。
吐き気や胃痛など症状が酷い場合は、症状が悪化して病気を抱えてもいけませんので、一度会社を有給などを使って休養をとるなども必要になってくることもあります。

内科の精神科とはどのような状態のときに受診するべきか

数ある内科のなかでも、精神科というのは最近になって広く知られ始めてきた種類になります。
それは、日本において精神医学が発展してきたことから、今までは病名がついていなかった症状なども具体的な名称がつけられるとともに、治療可能な対処が確立されてきたという経緯があるのが特徴です。
内科の精神科にかかるのは、どのような状態のときなのか判断が難しいというのも特徴のひとつと言えるでしょう。
たとえば、夜眠れない日が長期間続く、寝ている際に寝汗がひどく、途中で目が覚めてしまってそこから眠れないといった症状は、精神的に不安定となっているため受診した方が良いとされています。
他にも、いわゆる自律神経失調症にあてはまるような身体的あるいは精神的症状が出ている場合も、積極的に受診した方が良いでしょう。
精神的な症状は自力で完全治癒するのが難しく、目に見えないため専門家の医師にかかることが大切です。
昨今では有効な治療薬も登場しているため、できるだけ早期に受診しましょう。

内科の血液検査でインスリンの働きがわかる

健康診断や人間ドックで血液検査を受けた結果、要検査だった場合は内科を受診するのが一般的です。
血液検査では様々な臓器の状態がわかるため、体がどのような状態なのかを探ることができます。
検査項目に糖代謝系ありますが、血液中のブドウ糖の量をはかります。
ブドウ糖はインスリンの働きによって細胞に取り込まれエネルギーになりますが、この分泌量が充分でないと血液中に糖分が残ったままの状態になり、放置すると糖尿病が進行し合併症を引き起こします。
この他にも結果数値をもとに内科で可能性を指摘される疾患があります。
急性膵炎や慢性膵炎がそのひとつです。
鳩尾の部分が痛む、背部が痛むという症状を伴うのが一般的ですが、炎症が起きていると分泌量が減ることがあります。
また肝硬変が隠れている場合も代謝異常を引き起こします。
もともと肝臓は血中のインスリン濃度によって働きを変えますが、この働きが十分でないということは肝臓か膵臓のどちらかに異常があるということになります。
いずれにしても血液検査で可能性を判断できる疾患は様々なので、異常を指摘された場合は内科で相談してみることが大切です。

リワークプログラムは心療内科でも受けられる

リワークプログラムはうつ病や適合障害などメンタルヘルスの問題で、仕事を休まなくてはいけなくなった人を対象とした職場復帰のための訓練です。
症状が改善した、働く意志がある場合でも働き始めたら再び休職するケースがあることから仕事だけでなく日常生活のアドバイスも含めて職場復帰を支援し、継続して働いてもらえるようになることを目的にしています。
プログラムを受講できる機関は地域障害者職業センターや就労支援事業所、企業内など複数ありますが、心療内科や精神科のある医療機関でも実施しています。
心療内科で提供しているプログラム内容は自分の症状を自分で理解する、集団におけるコミュニケーションを通して感情表現や対人能力を高めることを目的にしており、治療のひとつとして認知行動療法を受けられるのが特徴です。
様々なプログラムを通して自分と向き合うことで再発防止を図るだけでなく集中力や注意力、継続力といった認知機能を回復を目指し、医師やスタッフ、仲間と一緒に復職に向けて心身を安定させます。

勤務医として内科に勤めるために必要で役立つスキル

日本の医療技術は、先進国の中でもトップクラスの高度なものとなっています。
昨今ではお子さんの中でも将来は医者になりたいと考える方も多くなり、再びスポットを浴びるようになった職業ともいえるでしょう。
2021年現在で医学部に在籍をなさっている方は約15万人となっており、これから正式に医師になってお仕事をなさるようになります。
診療科目はさまざまなもので構成をされていますが、ここでは内科について述べていきます。
総合診療科とも称される診療科目であり、勤務医という立ち位置でもっとも多くの方が勤められるところです。
これから内科の勤務医になろうとお考えであれば、まずは内視鏡検査のスキルを身に着けることをおすすめします。
内視鏡とは胃や大腸の状態を診療するための検査であり、内科では大半の診察で実施をします。
この資格を有していれば即戦力となるため、大学や市立病院などでもすぐに常勤というスタイルで勤められることでしょう。

に関する情報サイト
内科の疑問

このサイトでは内科の種類や専門性の高い診療科を選ぶ方法、その際に気を付けたいこと、またクリニックで受けられる検査の内容についてわかりやすく説明します。体調が悪いけどどこを受診したら良いかわからない、最近胃の具合が悪くて消化器科を受診したいけど表示がない場合はどうしたらよいのかなど、初めて受診する人でも分かりやすいように、よくある様々な疑問や質問に理解しやすいように説明します。実際に受診する際にきっと参考にできます。

Search